勾玉屋のコレクション販売サイト稀少な限定品勾玉

古代型、現代型、ちび勾玉など通常商品はこちら

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0円

カゴの確認と購入

勾玉辞典

お問い合わせは TEL.06-6387-0472(受付時間:10:00~18:00)

勾玉辞典

勾玉の歴史(1)勾玉のはじまり

太古の昔、人々は獣や魚、貝類を削り穴をあけ、身に付けていました。
それは当時、狩猟民族であった人々が、獣や魚の魂の呪いを恐れまたその精霊の力を自分の身に付けることにより守られると考えていたようです。
石を道具として使ったのは、約60万年前(石器時代)。
また石を身に付ける風習は1万2千年前からあったと、(北海道知内町湯の里の遺跡)からの出土品でわかります。
中国からは7000年〜6000年前から石の装飾品が入ってきています。(福井県金津町桑野遺跡)
現在、日本最古とされる翡翠の大珠は、山梨県北巨摩郡大泉村天神遺跡(縄文時代前期末)で出土され、長さ約5.5cm。最大のものは、富山県朝日貝塚(縄文時代中期)約10cm。
ひすい大珠は、全国で約200個出土されています。北陸、中部、関東で全体の約70%縄文時代後晩期には九州に出現しますが、近畿・中国地方では出土例はまだありません。
翡翠大珠とは、楕円形のような形で、上の方に穴があけてあり、5〜10cmほどのものが多く、初期のものは転石に穴をあけただけのものもみられます。
では、鉄器のないこの時代、どうやってかたい翡翠に穴をあけていたのでしょう?
一説によると、研磨剤を使った磨制石○の技術がシベリアから伝わったといわれています。石英砂などの研磨剤を濡らし、竹管を回転させ、途方もない時間をかけて穴をあけていたと考えられています。
主に、新潟県糸魚川近くの長者ヶ原遺跡や寺地遺跡に工房のようなものがあったと思われます。
約3500年前の沖縄県兼城上原遺跡からも出土され、その翡翠の産地は新潟県糸魚川産のものと判明しました。穴もしっかりと開けられたものがこの時代に、1500Kmもの旅をしたのですね。
大珠は縄文時代の中期に75%後期には20%と急に少なくなります。
この頃から勾玉をはじめ、管玉や丸玉がつくられるようになります。
糸魚川周辺から翡翠原石は各地に運ばれ、玉作りは広まっていきます。「たまつくり」という現在の地名は、勾玉をはじめとする「玉作り」が行われていたところと考えられています。
こうして、勾玉文化は広まり、瑪瑙、ガラス、金属等でも作られるようになっていきます。
大珠から勾玉へと代わっていった理由は、いまだわかっていません。
縄文時代晩期の遺跡からは良質の翡翠製品がほとんどの遺跡から出土されるのに対し、弥生時代に入ると急に出土されなくなり、また弥生時代中期になると、また数多く出土されます。これは銅や鉄などを輸入する為、翡翠製品や勾玉を交易品として使ったと考えられます。
魏志倭人伝(三世紀前半の日本の事が書かれた書物)にも出てきますが、邪馬台国の王・壱与(卑弥呼の次の女王)が、人間30人、真珠5000個、勾玉2個を魏の王に貢ぎ物として送っています。この例を見ても勾玉はとても高価なものであった事がわかります。
美しい翡翠の勾玉は、北九州に多く出土され、それは縄文時代の形と同じである事が多いようです。これは北九州地方に大きな勢力があり、縄文時代の勾玉を集めたと思われます。
勾玉の出土を調べていくと、物の流れや文化、権力の移り変わりが分かってきます。
大珠が近畿・中国地方から出土されないのは近畿・中国地方と関東・中部・北陸地方の部族とは異なった部族だったと考えられています。

  • もくじに戻る
  • 前ページ
  • 次ページ